シェアード・ソリューション・サービス > お悩み解決事例 > お悩み解決事例【半導体業界】

お悩み解決事例【半導体業界】

EOSL後のPC保守サービス解決事例【半導体業界】

20年前のレガシーコンピューターへのサービス提供

 

φ200mm半導体ファブの製造環境  

【現状と今後の予測について】
日本のΦ200mmファブの生産能力は、世界の21%のシェアを占め世界でトップです。 台湾が18%、北米15%と続いています。SEMIJapanによると日本には110のΦ200mm量産ファブが稼働しています。生産されるデバイスとしては、マイコン、MEMS、センサ、アナログ、パワーデバイス、LCDドライバなどがあります。今後、IoT用センサの需要が急激に増えそうなので、Φ200mmウエハの消費量もかなり増加しそうだ、という見解もあるようです。
SEMIの調査では、Φ200mm製造ラインは、ファウンドリを中心に生産ラインへの投資が継続しており、また、Φ200mmシリコンウエハの出荷面積も増加傾向にあります。SEMIは、Φ200mmファブがこれから2020年にかけて急成長が見込まれるIoTデバイス、とりわけセンサの量産プラットフォームとなるとみており、Φ200mm装置、ウエハ、消耗材料、保守部品から環境保全対策、各種サービス、リース・金融に至る様々な分野で新たなビジネスチャンスが生まれることを大いに期待しています。
半導体露光装置
[半導体露光装置]

【予測される問題】
Φ200mmウエハの生産ラインは、1991年から生産開始をしており、現時点ですでに20年以上が経過していることになります。『Φ200mm半導体製造ラインの装置長期利用における課題解決策案の検討』(電子情報技術産業協会[JEITA]の半導体部会・半導体技術委員会・半導体生産技術専門委員会―MESI(製造エンジニアリングサービス革新)小委員会2014年7月28日) によると、「国内のΦ200mm前工程工場の年齢は、2020年には実に80%が20年以上稼働することになり、装置の老朽化が進み、補修部品の入手困難やサポートスキル継承難、スキル低下など、製造装置の稼働を維持するための問題が格段に増加してくることが予想される」とあります。(詳細は、ホワイトペーパーを参照ください)
     
そして、上記の環境に突入しつつある現在、製造ラインで一番ご苦労されているのは装置の保全をされている方々ではないでしょうか?これまで、工場内の予備機や、在庫部品を使って補修をしてきましたが、それらの部品も枯渇してくると、いよいよ補修作業ができなくなるという問題に直面することになります。 solve_img02.png  

【SSSと一緒に・・・】
SSSがビジネスとしてサービスをご提供させていただいている半導体装置の制御用PCについても、メーカが製造を中止し、中古機市場に出回っている中古PCや、その部品も当然供給に限りがあります。今後、2020年に向けて生産継続をするために制御用PCのBCP(Business Continuity Plan)を弊社とご一緒にご検討ください。

 

 
【背景】
約30年前に創設されました半導体工場には、今でも多くの半導体製造装置が現役で稼働しているものがあります。特に、Φ200mm以下のシリコンウエハーを製造している製造ラインの半導体製造装置に搭載されている制御用コンピューターの多くは、20~30年前に製造された製品なので、製造メーカーはそのための部品を既に在庫していませんし、修理できる技術を持ったエンジニアもほぼ在籍していません。装置を保全している担当者は、そのコンピューターが故障した場合の対応に苦慮しているのが実情です。製造ラインの制御用コンピューターが故障すると、製造ライン全体が停止してしまいます。担当者は、故障が発生したときに対応してくれる会社を探しているときにSSSを見つけ、連絡しました。
 
【課題】
20~30年前のコンピューターを修理してくれる会社は、それほど多くはありません。これらのコンピューターを修理するためには、修理するための部品が必要ですし、修理ができる技術を持ったエンジニアが必要です。SSSは、この2つの条件を提供できる数少ない会社と伺っています。
 
 
インフラ業界 PCを順番にオーバーホール
インフラ業界 PCを順番にオーバーホール
 
【ご提案】
当社は、30年前のコンピューターの部品でも、国内外の提携先から調達しています。DEC製品、Compaq製品、HP9000シリーズ、SUN Microsystems製品などの海外メーカーの部品から、国内メーカーのNEC FC98シリーズ、富士通製品などメーカーがサービスを終了した製品(EOSL)の部品を提供しています。また、当社のエンジニアは長年現場で多くの故障 修理を経験していますので、技術的知識を豊富に持っています。これまでに半導体業界のお客様に対して、制御用コンピューターの年間保守サービス契約の締 結、予備機の販売、部品の販売や、スポットでの修理対応を提供させていただいています。
 
【結果】
当社とご契約をいただきました担当者様は、同系列の他工場の担当者様にも当社のことをご紹介いただき、結果、今では多くの担当者様にサービスを提供しています。
 
 

保守サービスを見る




関連資料のご紹介

半導体製造装置を安心して長期利用していただくために

半導体製造装置を安心して長期利用していただくためのご提案

φ150mmやφ200mmウエハー半導体の製造装置はすでに25年以上経過している装置も多く、その中にに組み込まれているPCについて、修理、中古機・パーツの販売に多くのお客様がもたれている疑問・不安にお応えします。

ダウンロード

「PCの寿命」~有寿命製品の延命対策について~

「PCの寿命」~有寿命製品の延命対策について~

半導体製造装置の約6割はすでに15年~25年が経過している上に、今後更に20年間使用を継続されると予想されています。装置に組み込まれているPCの延命化を主要な業務としているSSSの延命対策をご紹介します。

ダウンロード

お問い合わせ・資料請求

  • 中古機器・
    パーツ販売について

    お問い合わせ/見積依頼

  • 保守契約/
    スポット修理について

    お問い合わせ/見積依頼

  • 資料請求

    会社案内・カタログ

    無料資料ダウンロード

  • 総合的又は
    その他のお問い合わせ

    詳しく見る

お電話・FAXでのお問い合わせ

  • 03-5259-6065
  • 03-5259-6066
  • お悩みから探す
  • メーカーから探す
  • 製品から探す
  • よくある質問
  • ホワイトペーパー紹介
  • 採用情報
  • ASCDINATD
    部品調達チャネルASCDIのメンバー
  • NEDIA
    日本電子デバイス産業協会のメンバー
  • 東京商工会議所
    東京商工会議所のメンバー